本文へスキップ

中央フィルハーモニア管弦楽団 Chuo Philharmonia Orchestra

常任指揮者     鈴木 織衛先生

鈴木織衛氏

 東京藝術大学指揮科、同大学院卒。遠藤雅古、松尾葉子両氏に師事。 藝大在学中、作曲家中田喜直氏の薫陶を受け、 氏とのジョイントコンサートに出演、ピアニストとしてのデビューを果たした。

 その後、オペラ団体「二期会」において、数々の作品に指揮者、合唱指揮者、コレペティとして参加すると同時に、 コンサートピアニストとして、斉田正子、錦織健両氏など人気声楽家の伴奏者としても活躍した。

 1993年と1997年の2回、オペラ指揮の活動に対し、文化庁より年間奨学金を授与された。

 また、藝大卒業と同時に、同付属音楽高校講師に就任。

 10年間芸高オーケストラの指揮者を努めた。

 1996年ベルリンでのDeutshes Kammer Orchestra(ドイツ室内管弦楽団)定期演奏会でコンサート指揮者デビュー。

 同年、東京フィルハーモニー交響楽団「Fendi Concerto Classico with Jose Carreras」で日本デビュー。

 その後、多くの日本のオーケストラに客演指揮している。

 2010年、オーケストラアンサンブル金沢専任指揮者に就任した。

 現在、東京藝術大学指揮科講師。