本文へスキップ

中央フィルハーモニア管弦楽団 Chuo Philharmonia Orchestra

常任トレーナー

弦トレーナー 二宮 純先生(ヴァイオリン)

二宮純氏

5歳よりバイオリンを始め、大学時代はもっぱらオーケストラ活動に励む。明治学院大学法学部卒業後、東京フィルハーモニー交響楽団に入団して現在に至る。 オーケストラ活動の傍ら、アマチュアの指導、ソロ、室内楽など多方面で活躍中。 ヴァイオリンを白井英一、小野豊文、深山尚久、寺神戸亮の各氏に師事


弦トレーナー 古川原 裕仁先生(ヴィオラ)

古川原裕仁氏

国立音楽大学卒業。1978年在学中に、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1989年、渡米し川崎雅夫氏のもとで研鑽を積む。 帰国後、1992年、新日本フィルを退団し、フリー奏者として活動。 1994年には東京ヴィヴァルディ合唱団・第71回定期演奏会でソリストとして同団と共演、続く第72回定期演奏会では、ヴィヴァルディ作曲のヴィオラダモーレ協奏曲を日本初演。 これまでに、新日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、東京フィル、東京シティフィル、新星日本交響楽団、ニューフィル千葉、神奈川フィル、静岡交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィル、九州交響楽団、琉球フィルハーモニー、などの客演首席をつとめている。 オーケストラのトレーナーとしても東京女子医大をはじめとして12団体を指導している。 そのほかにも指揮活動や数多くのアーティストのアルバム、テレビ・映画などのレコーディングや、コンサートツアーにも参加している。 ヴィオラを、深井硯章、ウルリッヒ・コッホ、白尾偕子、川崎雅夫、竹内晴夫の各氏に師事。 現在、新日本フィルハーモニー交響楽団・団友、ヴィルトーゾ横浜(弦楽合奏団)ヴィオラ奏者、横浜音楽文化協会会員、洗足学園音楽大学講師。


弦トレーナー 宮澤 等先生(チェロ)

宮澤等氏

国立音楽大学器楽学科卒業。1992年オランダ・オルランドフェスティバルマスターコース合格。1994年レンク国際音楽祭(スイス)においてファイナルコンサート出演。 2002年ルーマニア国立ブラショフフィルからの招聘演奏を行う、2007年1月にはニューヨーク、カーネギーホールにてコンサート、2008年2009年には中国、北京大学にてコンサート、2010年にも中国4都市8公演するなどチェロ奏者として活動。 現在、室内合奏団“ウッドランドノーツ”主宰。ジャパンシンフォニア首席奏者。国立音楽大学附属音楽高等学校講師。白百合女子大学アンサンブルリスブラン常任指揮者。長野市交響楽団指揮者。


管トレーナー 竹澤 栄祐先生(フルート)

竹澤栄祐氏

東京藝術大学音楽学部卒業、同大学大学院修士課程修了、同大学院博士後期課程で博士号を取得。これまでにフルートを北嶋則宏、播博、細川順三、金昌国、P.マイゼン各氏に、室内楽を山本正治、中川良平、岡山潔、音楽学を角倉一郎の各氏に師事。 現在、埼玉大学教育学部音楽教育講座教授。東京藝術大学講師。


管トレーナー 小鮒 信次先生(ホルン)

小鮒信次氏

東京農業大学卒業後、渡独。トロッシンゲン国立音楽大学入学。ホルンをヴォルフガング・ガーグ氏に師事。翌年、ガーグ氏の教授就任と共にシュトゥットガルト国立音楽大学へ編入学。在学中ホルン科助手、ホーフシンフォニカー学生契約団員を務める。シュトゥットガルト青年オーケストラのメンバーとしてヨーロッパ各地の公演に参加。6年間のオーケストラコースを卒業し帰国。

現在、東京ユニバーサルフィル所属。またアール・レスピラン、ブラスエクストリーム、管楽座など室内楽やスタジオ等での演奏のほか、アマチュアオーケストラ指導でも精力的に活動中。